キャンプグッズ

ST-330はST-310とST-301がフュージョンしちゃったみたいだぞ!

いよいよマイクロレギュレターを搭載した分離型ストーブのフュージョンST-330が発売されますね!

ネーミングがフュージョンって付けてるだけあって、レギュレーターストーブ ST-310とシングルバーナー ST-301が融合しちゃったみたいな感じ

GONTA
GONTA
おぉ~かっこいいじゃん
NAHO
NAHO
またまたGONちゃん好きそうなグッズだね

ST-330は、それぞれのデメリットを克服してパワーアップした感じに仕上がってるみたいなので、いろいろと期待できそう!

ST-310とST-301のいいとこ取りをしたようなフュージョンST-330!

これはまた人気がでちゃいそうですね。

ST-330 ST-310 ST-301の違いを比較してみた

製品仕様ST-330ST-310ST-301
使用サイズ幅410×奥行120×高さ90mm 注1幅166X奥行142X高さ110mm(本体のみ)幅190×奥行176×高さ83mm 注2
収納サイズ幅110×奥行75×高さ90mm幅140X奥行70X高さ110mm幅160×奥行100×高さ90mm
重量250g(本体のみ)350g(本体のみ)690g(本体のみ)
脚タイプ4本脚4本脚3本脚
ゴトク径165mm130mm200mm
発熱 注32.6kW(2,300kcal/h)2.9kW(2,500kcal/h)3.7kW(3,200kcal/h)
使用時間 注4約1.5時間(ST-760 1本使用時)約1.5時間(ST-760 1本使用時)約1.4時間(ST-760 1本使用時)
使用容器新富士バーナー、SOTO製品専用容器(ボンベ)SOTO製品専用容器(ST-760、ST-700)SOTO製品専用容器(ST-760、ST-700)
点火方式圧電点火方式圧電点火方式圧電着火方式

 

注1 幅410はバーナーヘッド本体から器具栓つまみまでのサイズです。
注2 ゴトクと点火ボタンのみで、器具栓つまみを含むサイズではありません。
注3 気温25℃無風状態で点火後から5分間の燃焼データより算出。
注4 気温25℃無風状態で点火後から30分間の燃焼データより算出。

GONTA
GONTA
【追記】届いたST-330とST-310のサイズを実際に比較してみた!
SOTO レギュレーターストーブ FUSION(フュージョン)ST-330
ST-330もST-310のような改造は必要か?サイズの違いもチェックしてみた!SOTOで人気のレギュレーターストーブから、フュージョンST-330とST-310を実際に比較して、サイズの違いや必要な改造などを確認してみました。...

フュージョンST-330のここが凄いと思った!

SOTO フュージョンST-330

ST-310とST-301に比べて軽量コンパクト

GONTA
GONTA
さっきの比較表からST-330のメリット、ここが凄いと思ったところをあげてみた。

ST-330の重量(本体のみ)は245gでST-310とST-301と比べても圧倒的に軽くできてる。

中でも一番重たいST-301の690gと比べると、3分の1とはいかないまでも、それに近い重さに仕上げられているのが凄い!

NAHO
NAHO
収納サイズも3商品の中では一番コンパクトになってるね

パッキングや重量などを考えて、ハイカーやソロキャンプしてる人たちはシングルバーナーを使ってる人も多いと思うけど、FUSION ST-330は重宝しそうです。

あと登山をしないのでわかんないけど、パッキングや重量のことを考えても登山用のシングルガスバーナーとしてもオススメできるんじゃないかな?

マイクロレギュレーターも搭載されてるし、軽量でコンパクトだし、山頂で美味しい山ごはんが楽しめそう。

点火スイッチの操作がしやすい

点火方式は3商品ともに圧電点火方式が採用されていて、ST-310とST-301は点火スイッチがバーナーヘッド側についています。

とくにST-310の点火スイッチは器具栓つまみの下側についてるから、押しにくいので点火アシストレバーを取付けて改造してる人も多いけど

フュージョンST-330はボンベホルダー側に器具栓つまみと点火スイッチがついてるから、ぜんぶ手元側で操作できて使い勝手がとてもよくできてる。

風に強く火力低下が起きにくい

ST-330はストームブレイカーSOD-372と同じ火足の短い炎で、約300個の全炎口型の火口と鉢状のバーナーヘッドを採用したことで風防対策もしっかりできてる。

またSOD-310やST-310と同じくマイクロレギュレーター搭載が搭載されてるので、火力の低下が起きにくく安定している。

また、発熱量だけを見るとST-330の2.7kWに比べて、ST-310の2.9kWとST-301の3.7kWのほうが大きいけど、火口の数やヘッドの形状も違うので数字だけで判断できないと思うんだよね

フュージョンST-330の価格と発売時期

GONTA
GONTA
ST-330のお値段は税別の9,000円デス!

ちなみに、ST-301は7,500円(税別)ST-310は5,200円(税別)なので、ST-330の仕様からすれば、納得できる値段じゃないかな

NAHO
NAHO
ところでGONちゃんアマゾンで買えたって言ってたけど、いつ届くの?
GONTA
GONTA
2月22日にAmazonで、税込み9,720円で買ったんだけど、注文履歴で確認すると到着予定は4月23日から4月24日の間ってなってる。

ST-330発売時期については、新富士バーナーの公式サイトで確認すると、当初は3月1日発売予定だったけど、諸事情により4月10日以降になるみたいで、具体的な発売予定日はまだ発表されていません。

www.shinfuji.co.jp
新製品「レギュレーターストーブ FUSION(フュージョン) ST-330」 発売時期のお知…
http://www.shinfuji.co.jp/soto/news/st-330hatsubai/
SOTO ST-330の在庫状況について
GONTA
GONTA
5月20日時点での在庫状況はYahooショッピングと楽天では取り扱いの確認ができませんでした。Amazonは2019年6月4日の入荷予定で注文可能になっています。

ところでST-310やST-301の購入者の中には、FUSION ST-330のような分離型の発売を待ち望んでた人もいると思うんだけど…

もっと早くST-330が販売されることが分かってたら、ST-310やST-301の購入をもう少し待ったのに~って人もいるんじゃないかな?

GONTA
GONTA
そこでGONTAはST-310をST-330のような分離型にしてみた
ST-330みたいに分離型にしたST-310
ST-310をフュージョン ST-330みたいに分離型にしてみた!SOTOのレギュレーターストーブ ST-310をフュージョンST-330みたいに分離型にしてみた。...