キャンプグッズ

Winnerwell Nomad View M-SizeとL-Sizeで悩んだ結果?

Winnerwell Nomad View L-Size 本体

はじめての野外用の薪ストーブだったからWinnerwellの薪ストーブNomad Viewのほかにも、Gストーブやテンマクデザインのウッドストーブも候補にあって、どれにしようかホント迷っちゃいました。

GONTA
GONTA
あと値段も安くないので、NAHOちゃんにお願いするしか…
NAHO
NAHO
GONちゃん、へそくり隠しとるやろ?それ使うしかないな!
GONTA
GONTA
へそくりなんてありません…
NAHO
NAHO
ホントか?こんなときだけ甘えてくるからな~

なんとかNAHOちゃんの許可も下りたので、すっごく悩んだけど最終的には、Winnerwell Nomad View L-Size スペシャルパッケージを購入!

Nomad View L-Sizeの各部のサイズや、気になる熱による歪みについても画像を入れて紹介しています。

Nomad View L-Size スペシャルパッケージ

e-TRADE SERVICEは、Winnerwell 薪ストーブNomadシリーズ【日本正規品】の販売店で、購入前のわからないことも、お店の方が丁寧に教えてくれたので、安心して購入することができました。

購入したNomad View L-Sizeのスペシャルパッケージは、オプション品のウォータータンク3.3L、Lサイズ防火マット、本体を収納できるLサイズ専用のバッグがセットになってます。

単品で揃えると24,000円以上になるので、Nomad View L-Sizeを単体で購入するより、かなりお得なセットになっています。

付属品

Winnerwell Nomad View L-Size スペシャルパッケージ付属品
GONTA
GONTA
Nomad View L-Size スペシャルパッケージの付属品の画像だけど、スパークアレスターが写っていませんでした。
NAHO
NAHO
トランクカーゴは付属してないです。ちょっとわかりにくくてごめんなさい。
付属品

本体1、ダンパー付き煙突1本、煙突4本、スパークアレスター1本、火格子1、灰落とし用スクレーパー1本、防火マット1枚、ウォータータンク1個、収納バッグ1個になります。

本体サイズ

ノマドビューLサイズの組立サイズや収納サイズは販売ページに書かれているけど、シェルフ部分や耐熱ガラス部分など細かなサイズは書かれてなかったので、寸法を測ってみました。

おおよそのサイズだけど、これから購入する方やMサイズとLサイズで迷っている方がいたら参考にしてみてください。

Winnerwell Nomad View L-Sizeの本体横幅の寸法

本体、天板の横幅は約255mm

Winnerwell Nomad View L-Size 本体の奥行寸法

本体の奥行は約460mm

Winnerwell Nomad View L-Size 接地面から天板までの高さ

接地面から天板までの高さは約405mm

Winnerwell Nomad View L-Size シェルフを広げた寸法

シェルフを広げた状態では約645mm

Winnerwell Nomad View L-Size 天板の穴径

天板の蓋を外した穴径

Winnerwell Nomad View L-Size 本体正面の扉横幅

本体正面の扉横幅

Winnerwell Nomad View L-Sizeのサイドの窓枠寸法

本体横の耐熱ガラス部分

Winnerwell Nomad View L-Size 天板の煙突取付け口寸法

本体天板、煙突取付け口

Winnerwell Nomad View L-Sizeのシェルフ寸法

サイドのシェルフサイズ

ウォータータンク

Winnerwell Nomad View L-Size用ウォータータンク天板設置

L-Size専用のウォータータンクは容量3.3リットルです。

Winnerwell Nomad View L-Size用ウォータータンクの高さ寸法

ウォータータンクの高さ約180mm、横幅は本体の天板と同じだから約255mm

Winnerwell Nomad View L-Size用ウォータータンクの奥行寸法

奥行きは約105mm

Winnerwell Nomad View L-Size用ウォータータンクのサイド取付け場所
GONTA
GONTA
Nomad ViewのウォータータンクはMとLサイズ両方とも、Gストーブやウッドストーブとちがって本体の横に掛けて保温できちゃう!
NAHO
NAHO
これなら天板も広く使えてホントよく考えられてるね

Nomad ViewってGストーブに似てない?

Nomad ViewってGストーブやテンマクデザインのウッドストーブに似てるよね?

購入前に電話で対応してくれたお店の方が、メーカーで製造過程など見学された方でNomad Viewについて色々と教えてもらえたので、気になっていたGストーブやテンマクデザインのウッドストーブの違いについても聞いてみました。

GONTA
GONTA
WinnerwellはGストーブを制作している製造所が、独自ブランドとして立ち上げたんだって
NAHO
NAHO
作っているところは一緒なんだけど、メーカーは別ってことだね
GONTA
GONTA
そりゃG-STOVEに似てるわけだ
NAHO
NAHO
取手になるシェルフ部分や ウォータータンクの感じも良く似てるもんね

Gストーブの改良版って感じ!

Gストーブだと天板と両サイドのシェルフがフラットじゃないから、大きめのフライパンや鍋などが置きにくいとか、足の組み立てが毎回ピンを抜き差ししないといけなとか

GONTA
GONTA
Gストーブの使いにくい部分を改善して出来たのが、WinnerwellのNomadシリーズってことなんだって
NAHO
NAHO
Winnerwellのノマドビューの他にもこの点を改良したモデルとして、テンマクデザインとWinnerwellがコラボして販売しているウッドストーブもあるよ。
GONTA
GONTA
Nomad Viewとウッドストーブは天板と持ち手部分がフラットになり、足もワンタッチで出すことができるので、とても使い勝手が良くなってるよね

Nomad View L-Sizeの収納ケース

Winnerwell Nomad View L-Size 本体収納ケース

スペシャルパッケージには専用の収納バッグが付いてくるけど、バッグだと車に積むときや保管しておく時も、上に荷物を重ねて積むと危ないと思ったので

GONTA
GONTA
小物類を収納していたJACK&MARIEのトランクカーゴ 50Lに収納してみました。
NAHO
NAHO
GONちゃんこのトランクカーゴの大きさって、防災用品詰めるのに買った無印の頑丈収納ボックス(大)と同じ大きさだよね
GONTA
GONTA
そうそう、無印の頑丈収納ボックスでもいいんだけど、JACK&MARIEのトランクカーゴは色がサンドベージュでカッコよかったから!

でも一つ問題があって、Nomad ViewのLサイズをそのまま収納するとトランクカーゴの蓋が、煙突やシェルフの開閉部分にあたっちゃうから蓋の干渉部分を加工する必要があります。

※加工することによってトランクカーゴの強度が弱くなるので、加工する場合は自己責任でお願いします。

Winnerwell Nomad View L-Sizeの収納ケースを加工

最初は煙突があたってるだけと思って画像のように削って蓋をかぶせてみたら、まだどこかあたってる?

Nomad View L-Size本体と収納ケースの干渉部分の加工

どうやらシェルフの開閉部分に蓋の出っ張ったところがあたってるみたいなので、その部分も削ってみるとちゃんと蓋ができるようになりました。

トランクカーゴ50LへNomad View Lサイズを収納したときのクリアランスについては注意が必要!

Winnerwell Nomad View L-Size本体と収納ケースのクリアランス

画像では上から撮っているから当たっているように見えるけど、取手の部分はギリギリで収まってます。

NAHO
NAHO
だけど各個体差によっては干渉するかもしれないので、注意してくださいね!

Lサイズは収納サイズが奥行459mmx幅249mmx高さ249mmだから、Mサイズと比べて高さが39mmもちがう!

Nomad ViewのMサイズなら収納サイズが奥行380mmx幅200mmx高さ210mmだから、トランクカーゴに加工せず余裕で収まるんじゃないかな?

Winnerwell Nomad View L-Size本体とトランクカーゴ用テーブル天板

画像のように薪ストーブの天板部分にボックステーブル用に加工した板も一緒に収納できるので、薪ストーブをセットした後は、頑丈ボックスのテーブルDIYでよく紹介されてるボックステーブルとして使うことができるから便利いいです。

トランクカーゴ50Lサイズには薪ストーブ本体とウォータータンクを一緒に収納することはできないので、注意してください!

Nomad Viewの注意事項

【注意事項】
※材質上、熱により必ず歪みます。
※最初から全開で焚かず、慣らし焚きを行ってください。
※燃焼中、ガラスに水をかけたり濡れたタオルで拭いたりしないでください。
※ステンレスの材質上、熱で変色します。
※ウォータータンクは空焚き厳禁です。
※メーカーより予告なしに製品の改良や仕様変更がされる場合がございます。

出典:e-TRADE SERVICE

販売ページにも注意事項が追記され歪みやガラスについても記載されてます。

歪みや耐熱ガラスの割れに注意!

Nomad Viewだけじゃなくステンレスなど金属は熱が加われば膨張するし、冷めれば縮んじゃうから、大なり小なり温度変化による歪みは避けられません。

とくに冬場の寒冷地など気温がマイナス環境での使用だと、急激な温度変化で本体の歪みや耐熱ガラスも割れちゃうことがあるから注意してください。

その辺りを注意しながら、2月18日にWinnerwell薪ストーブの初火入れをしました。

GONTA
GONTA
Winnerwell Nomad Viewのサイド用ガラスは、耐熱ガラスと超耐熱ガラスの2種類が販売されてるので、購入するときは注意してくださいね!
NAHO
NAHO
寒暖差が大きな環境で使用するなら、保証が2年ついている超耐熱ガラスの購入をオススメします。
 
酸耐熱ガラス
超耐熱ガラス
素材
ホウケイ酸耐熱ガラス
ファイアライト(超耐熱結晶化ガラス)
耐熱温度
400℃~500℃
700℃
ガラスの色
無色透明
あめ色(茶)
サイズ
28cm x 14cm
28cm x 14cm
適合
Nomad View M/L共通
Nomad View M/L共通
保証
無し
2年保証付き

この日の外気温は13度で風もなくとても良い天気でした。

Winnerwell Nomad View L-Sizeで薪が燃えるようす

煙突の先端に取り付けたスパークアレスターのようす、燃焼がいいのか煙はほとんど見えません。

スパークアレスターは火の粉が飛ぶのを防いでくれる装置だけど、火の粉が飛ぶのを100パーセント防いでくれるわけじゃないです。

Winnerwell Nomad View L-Sizeの煙突の先端に取り付けたスパークアレスター

歪みを少しでも回避するために慣らし焚きをして、始めは一気に温度を上げないように注意していたけど…

Winnerwell Nomad View L-Sizeの燃焼中の天板のようす

薄っすらと天板の色が変わって、蓋に歪みが出てきた

Winnerwell Nomad View L-Sizeを燃焼中の蓋の歪み

かなり浮き上がって、少し隙間が見えてる

Winnerwell Nomad View L-Sizeの天板に設置した温度計

天板の温度を確認すると300度を少し超えたところを針がさしてました。

GONTA
GONTA
BESTの範囲内だから熱すぎるわけじゃないと思うんだけど…初めての薪ストーブなので適正温度がよくわからない?

ストーブ温度計を取り付ける場所によって温度も違ってくるから、その辺りについてはNomad Viewを使っていくうちに覚えていこうと思います。

Winnerwell Nomad View L-Size きれいに燃えた薪

きれいに薪が燃え尽きて、全体に温度が下がると蓋の歪みも元に戻ってきたみたい、これが急激に冷めたりすると歪みが戻らなかったりすることもあるんじゃないかな?

Winnerwell Nomad View L-Size 燃焼後の蓋の取り外し

画像ではわかりにくいけど、Nomad View本体には見た目の歪みはなく、蓋も問題なく外すことができました。

Winnerwell Nomad View L-Size スクレーパーで蓋の取り外し
GONTA
GONTA
火を焚いて歪みが出たときに蓋が外れるか確認できなかったから、つぎ使うときは忘れずに確かめてみる!
Winnerwell Nomad View L-Sizeの蓋についた煤のようす

歪みで隙間ができた部分には煤が付いてるのがよくわかります。

今回は初火入れと慣らし焚きだったので、かじり防止に煙突に焼き付き防止潤滑剤を塗ったけど…

かじり防止に煙突に塗った焼き付き防止潤滑剤

効果を確認するほど温度も上がってないので、次回はもう少し薪を燃やして温度を上げてみて焼き付き防止の効果を確認してみます。